医療法人啓林堂クリニック 泌尿器科皮膚科 福岡県福岡市早良区原8-2-26 電話092-873-7877

過活動膀胱 Overctive Bladder (OAB)

(医)啓林堂クリニック 泌尿器科皮膚科 福岡市早良区

はじめに

  • OAB.jpg 過活動膀胱を一言で言えば「尿意切迫感」を感じる状態です。急に我慢できないような尿意が突然起こります。頻尿(トイレが近い)や切迫性尿失禁を伴うこともあります。
  • トイレが間に合わないかもしれないと思うと、仕事に集中できない。
  • トイレが気になりバスや電車に乗りたくない
  • 外出がおっくうになる、旅行も楽しめない。
  • 家事の途中にすぐトイレにいきたくなるのでストレスになる。
  • 夜何度でもトイレに行くので睡眠不足になる。
  • このように、社会生活上大きな障害になるのが過活動膀胱です。
  • 過活動膀胱の症状を経験されている方は全国でなんと800万人以上と推定されています。高齢者ほど多くなる傾向があり、70歳代で5人に1人が過活動膀胱で悩んでおられます。
  • 適切な診断、内服薬や様々な治療を組み合わせることによって、症状を改善することができます。一人で悩まず、年のせいとあきらめず一度相談しましょう。

過活動膀胱の診断の進め方

問診

  • まず詳しい問診をおこないます。今までに神経の病気や脊椎の病をしたことがないか、大腸や子宮の手術をしたことがないか等をお聞きします。

尿検査

  • 尿中出血の有無(結石や腫瘍がないか)
  • 尿中白血球の有無(尿路感染症がないか)
  • 検尿所見に以上があれば尿意切迫を引き起こす原因が隠れている可能性が出てきますので精密検査が必要です。

超音波検査

  • us.gif尿路(腎臓や膀胱)を検査します。

尿流測定検査

  • 排尿状態を専用の機械を用いて測定。簡単な検査ですが、排尿の状態を見るための重要な検査で、膀胱などの神経疾患がないかを判断します。

残尿測定

  • 排尿の後、膀胱にどれだけ尿が残っているかを調べます。

以上の検査を順次おこなっていきます。がんや結石、感染症、神経の病気などがなければ、ここではじめて過活動膀胱と診断します。

注意点

  • 過活動膀胱と似た症状を呈する疾患に間質性膀胱炎というものがあります。これは上記検査では必ずしも見分けることはできません。膀胱充満時に下腹部痛が起こったり、過活動膀胱の治療薬の効きが悪い場合は、間質性膀胱炎も念頭に追加の検査が必要になることがあります。

過活動膀胱の治療

薬物療法

  • tab.jpg「抗コリン薬」という種類の内服薬を用います。数種類の抗コリン薬の中で、過活動膀胱に保険適応がある薬剤と無い薬剤があります。
  • 抗コリン薬は過活動膀胱治療の主力となる薬剤です。人によっては口渇や便秘を招くことがあります。

膀胱訓練

  • 頻尿、尿意切迫がある方におこないます。トイレを我慢する訓練です。最初は5分程度から開始し徐々に延ばしていきます。効果には個人差があり、専門医指導による計画的訓練が必要です。

骨盤底筋体操(訓練)

  • 軽症であれば骨盤底筋体操と内服薬の併用で、かなりの効果がみられます。最近では、ネット上でも骨盤底筋体操の情報が掲載されていたり、各種骨盤底筋体操のパンフレットも作成されるようになってきました。しかし、見よう見まねではほとんど成果は期待できないといわれています。体操にはこつと継続が必要で、専門医による指導と効果判定が不可欠です。

電気刺激、磁気刺激療法

  • 切迫性尿失禁に有効な治療法です。2004年保険適応になりました。当院においても、干渉低周波治療器による治療をおこなっています。メリットは、恥ずかしくない(下腹部にパッドを当てる)ことや痛くないことがあげられます。最初2週間は週2回、その後は週1回程度の通院が必要です。

uririn-manga.jpg

Q&Aに戻る